イエーガーマイスターとはどんなお酒?元バーテンダーが紹介します!

ドイツ生まれの薬酒イエーガマイスタってどんな味?Spirits
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

日本のことわざで「お酒は百薬の長」というのがありますよね?お酒の起源などを見るとお酒はもともと薬として作られていました。それは日本でも世界でも同じで、今回はドイツから生まれた薬用酒と呼ばれる「イエーガーマイスター」をご紹介します!

スポンサーリンク

イエーガーマイスターとは

ドイツ生まれのイエーガーマイスターは、1934年に開発された薬草系リキュールで世界中の人から愛されています。原料は「根生姜・サフラン・シナモンの皮・アニス」」などなど。全56種類のハーブが配合されているそうです。

オーク樽で9ヵ月以上の熟成も行われており、丁寧に時間をかけて私たちに届きます。ドイツの家庭では養命酒のように飲まれたり、体の調子を整える役割としても十分に効果を発揮します。
そんなイエーガマイスターですが薬用酒と呼ばれていても、クラブやパーティで若者にも大変人気があります

2012年にはリキュール類で世界第1位の売り上げを誇りました。

クラブといえば、テキーラショットのイメージですが、少し前からイエーガーマイスターも徐々に流行ってきていますよね?テキーラよりも飲みやすく、アルコール度数もしっかりとあるので、「スッキリ気軽に酔える」というのも魅力の一つだと思います。

スポンサーリンク

イエーガーマイスターの味・度数

イエーガマイスターの味は、ほろ苦いがはちみつのような甘さも感じ、清涼感もある味わいとなっています。ほろ苦いのは配合されているハーブの味で、ビールの苦さとはちょっと違います。
アルコール度数は35%ほどと蒸留酒としては、ちょっと低めかなという度数です。

イエーガマイスターは独特な癖がありながらも、飲んでいくうちにハマっていくような奥深いリキュールです・・・
さらに飲み方もTPO別に対応でき、とっても万能なのです!

スポンサーリンク

イエーガーマイスターの飲み方

酔いたい時:ストレート

ショットグラスで一気に飲むのもいいですが、ストレートでちびちび飲むのもおすすめです。トニックウォーターをチェイサーにしたりすると違った角度でイエーガマイスターを楽しむことができますよ!

味わいたい時:ロック

イエーガマイスターはオレンジともとても相性が良いです。カットしたオレンジを絞りイエーガマイスターを注ぎ、ロックでゴクゴクと。フルーティな香りもご一緒に!

体調に気を使いたい時:ジンジャエール割

イエーガマイスターはジンジャーエールともとても相性がよく、スッキリ飲めます。ジンジャーエールは「新陳代謝の促進」「発汗作用」などがあります。おすすめのジンジャーエールは「n.e.o」
バーテンダー監修の元作られた、プレミアムジンジャーエールです。体はぽかぽか温かくなるでしょう!

スポンサーリンク

イエーガマイスターはどのシーンでも楽しめる

クラブやパーティで活躍する以外でも、お家でゆっくり飲みたい時や体調を整えたい時など、様々なシーンで楽しめることができます。独特なイエーガマイスターを手軽に楽しんでみてください!

参考:マストイエーガー社の歴史

タイトルとURLをコピーしました