電気ブランとはどんな味?浅草の神谷バーが生んだモダンの象徴!

日本初のバーが生んだ電気ブランって何?Spirits
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

平成が終わり令和の時代になり、テクノロジーも進化している昨今、明治から受け継がれている伝統の味もあります。

「電気ブラン」と言えば何を思い浮かべますか?
 
 

  • 浅草のお酒
  • アルコール強そう
  • 強い電球

 
 
など人により様々な印象があると思います(´・ω・`)今回は、元バーテンダーの私が電気ブランの味や飲み方に関してご紹介していきます!

スポンサーリンク

電気ブランとは

神谷バーの画像

電気ブランとはリキュールに分類され、「神谷バー」の創業者である神谷伝兵衛さんが作ったお酒です。電気ブランをご紹介する上で大切なのは「神谷バー」

神谷バーとは?

神谷バーは浅草にお店を構えている「日本初のバー」です。なんと創業は明治13年(1880年)!長いですね〜!!ちなみに1880年代はこんな出来事が!

  • エジソンが電灯を発明する
  • 伊藤博文が初代内閣総理大臣に就任
  • 大日本帝国憲法が発布される

文明発達における重要な出来事が多々ありますね!
神谷バーは日本で初のバーということもあり、バー好きの人は必ず訪れる聖地と思っていますw

バーと言えども、お食事がかなりしっかりしており、モダンでハイカラな店内は来た人を昭和にタイムスリップしたように感じさせる作りになっています。本場の電気ブランを飲んで見たい方は、浅草へ足を運んでみては!?

ちなみに電気ブランの由来は、当時電気が珍しく、その頃最新のものに冠する名称として「電気◯◯◯」が流行っており、それにブランでーのブランを合わせたのが由来らしいです。電気が珍しいというのは今の時代ではあまり考えないですよね?( ◠‿◠ )

今だったら、「ソーシャル◯◯◯」とか・・・?w

スポンサーリンク

電気ブランの味・飲み方

電気ブランは主に2種類あり、「デンキブラン」と「電氣ブランオールド」

デンキブラン

アルコール度数は30%、ブランデーを思わせる甘さが引き立ち、すっきり飲める味わいです。飲み慣れていない方はまずこちらから飲んでみては?

デンキブランの画像

電氣ブランオールド

アルコール度数は40%とデンキブランと比較したらちょっと高めです。ただ、蒸留酒としては通常ほどの度数なので、飲み慣れている方は抵抗なく飲めると思います。しっかりとしたアルコールはあるが甘さも感じる味になっています。

電気ブランオールドの画像

スポンサーリンク

電気ブランの飲み方

1.本場の飲み方!ビールと一緒にストレートで

ビールと電気ブランを交互に飲むのが本場の飲み方、「カミヤ流」らしいです。お酒をチェイサーにお酒を飲むってちょっと違和感あるかもしれませんが、海外では案外スタンダードなのです。おそらく、西洋文化を表現しているのかなあと思います。

しかしながら、ビールをチェイサーに蒸留酒を飲むのは、それほどお酒が強くない日本では流行らなかったですね・・・

2.ソーダ・トニック割り

炭酸を割ることでさっぱり飲めます!甘いのがあまり得意ではない方はソーダとレモンを添えてどうぞ

スポンサーリンク

電気ブランって悪酔いするの?

私は特に悪酔いはしませんでした。ただ蒸留酒のストレートを飲み慣れていない方が「カミヤ流」の飲み方をすると悪酔いすると思います。なのでお酒飲み慣れていない方は割り物で少しづつ飲んでみるといいですよー!悪酔いしてもいいよ!って方はぜひカミヤ流を試して見てくださいませ!

スポンサーリンク

電気ブランは

明治から浅草ともに歩んで来た電気ブラン。時代が変わっても電気ブランは変わらず浅草の象徴となることを願っています。
冒頭で電気ブランの印象をご紹介しましたが、私の電気ブランの印象はこんな感じです。


先生、電気ブラン飲んでいますね。

タイトルとURLをコピーしました