5大ウイスキーとは?特徴やおすすめの銘柄をご紹介!

5大ウイスキー特徴とおすすめをご紹介Whiskey
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

世の中には「5大美術館」「5大宗教」「5大健康食品」・・・5大◯◯が数多く存在するのですが、、
ウイスキー好きの皆さま、こんにちは。ウイスキー好きの人ならもちろん言えますよね?
 
 
「5大ウイスキー」
 
 

それでは、一緒に復習していきましょう!( ◠‿◠ )

スポンサーリンク

5大ウイスキーとは?

まず5大ウイスキーとは世界的に見てウイスキー造りが盛んな5つの国です。この5つの国は原料や製造方法、地域の特性を生かしたウイスキー造りを行い、世界から見ても有名なウイスキー生産国なのです。

その5つの国は

  • スコットランド
  • アメリカ
  • 日本
  • アイルランド
  • カナダ

です。

ウイスキー造りに大事なのは「水・原料・気温」だと思います。5大ウイスキーは生産国の地域の特性を十分に生かしたウイスキーとも言えるのではないでしょうか?

では、一つずつ特徴を見て行きます!

スポンサーリンク

1.スコッチウイスキー

ウイスキーと言えば、スコッチウイスキーですよね。蒸留所が一番多く、またスコットランドの中でも6つの地域により特徴が違ってきます。

  1. ハイランド:まろやか系
  2. ローランド:ライト系
  3. スペイサイド:香り高い系
  4. アイラ:癖系
  5. キャンベルタウン:塩系
  6. アイランズ:個人系

ざっくりこんな感じです。ちなみに当サイトの名前は「スペイサイド」という産地からきています。スコットランドはウイスキー造りのパイオニアと抑えておいてください。

おすすめのスコッチウイスキー

マッカラン12年

スペイサイドで作られるマッカランは、ウイスキーのロールスロイスと評されるほど世界的にも認められたウイスキーです。ウイスキーの味を比較するには基準となる1本を見つけて欲しいのですが、マッカランは様々なウイスキーを飲む上でも基準に適していると思います。

マッカラン12年の画像

スポンサーリンク

2.アメリカンウイスキー

一言でアメリカンウイスキーと言っても、実は法律により以下のように分類されます!

名称原料熟成
バーボンウイスキートウモロコシが51%以上を占める内側を焦がした新しい樽で熟成
コーン・ウイスキートウモロコシが80%以上を占める古い樽、または内側を焦がしていない樽で熟成
モルト・ウイスキー大麦が51%以上を占める内側を焦がした新しい樽で熟成
ライ・ウイスキーライ麦が51%以上を占める内側を焦がした新しい樽で熟成
ホイート・ウイスキー小麦が51%以上を占める内側を焦がした新しい樽で熟成

この中でもバーボンが特に有名で、たまに「バーボン」と耳にすると思いますがバーボンはアメリカンウイスキーの中の一つなのです!そしてトウモロコシを使用するのがポイント!甘く力強い味わいが特徴的ですね。

おすすめのアメリカンウイスキー

エヴァン・ウィリアムズ

エヴァンウィリアムズは人名なのですが、とうもろこしを原料とするウイスキーと初めて作ったとして、バーボンの元祖とも言われています。フルーティーで力強い印象があるバーボン。
飲んだことがない方はぜひ飲んで欲しい。

エヴァンウィリアムズの画像

スポンサーリンク

3.ジャパニーズウイスキー

日本も5大ウイスキーに含まれており、NHKの朝ドラ「マッサン」で日本のウイスキーが広まったのも記憶に新しいと思います。スコッチウイスキーを手本に千利休の教訓「守・破・離」を経て発展・進化して行ったのだと私は思います。繊細で複雑な味わいで、日本人に合うようにマイルドに纏まった味わいが特徴的です。

おすすめのジャパニーズウイスキー

何をおすすめしようか迷いました、、、山崎・白州・響などは有名ですよね。それを知っている前提でこのジャパニーズウイスキーをおすすめします!!

イチローズモルト

ベンチャーウイスキーの中でも世界的に注目されているウイスキーです。秩父で作られるイチローズモルトは熟成樽に「ミズナラ」という日本古来の木材を使用しています。フルーティでオリエンタルな味が特徴です。
イチローズモルトの画像

スポンサーリンク

4.アイリッシュウイスキー

アイリッシュウイスキーはアイルランドで作られるウイスキーでかつてはウイスキーの生産国1位を誇っていたこともありました。ただ、戦争などの時代背景で衰退していきました。しかしながら近年、復活する蒸留所が徐々に増えてきており、世界からも注目を集めています。マイルドで飲みやすいのが特徴的。

おすすめのアイリッシュウイスキー

タラモアデュー

アイリッシュウイスキーの中でも有名な銘柄で、フルーティな味わいとミディアムな口当たりが特徴的です。

タラモアデューの画像

スポンサーリンク

5.カナディアンウイスキー

カナダで作られるウイスキーは、当時「劣悪な味」と批評を受けていましたがアメリカの禁酒法時代に生産を伸ばしその後はどの銘柄も高品質に進化し、今に至ります。原料には「ライ麦」を使用するのが特徴。
飲みやすいため、初心者の方は入門として飲むことも暫しあります。

おすすめのカナディアンウイスキー

カナディアンクラブ

カナダのウイスキーと言えば「カナディアンクラブ」です。癖がなくまろやかな口当たりが特徴的です。

カナディアンクラブの画像

スポンサーリンク

5大ウイスキーは全て飲みたい

これからウイスキー色々試して見たい!という方は、5大ウイスキーを飲むことをおすすめします!その中でご自身の口にあるウイスキーが見つかると思うので色々試して見てくださいませ( ◠‿◠ )

タイトルとURLをコピーしました