イエガーボムとは?飲み方・作り方や危険性を元バーテンダーが解説!

イエガーボムとは?作り方や飲み方を元バーテンダーが解説!Cocktails
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする
猫
イエガーボムってどうやって飲む?作り方って何かな?

こんにちは!イエガーボムというカクテルご存知ですか?よく、クラブやパブなどで見かけると思います。

今回はイエガーボムの作り方や飲み方を元バーテンダーの私が解説していきます!危険性も解説していくので、最後まで閲覧くださいませ!^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イエガーボムとは?

カクテルを作ってる画像

イエガーボムとは、イエガーという薬草系リキュールとビールを混ぜたカクテルです。このカクテルのポイントはただ混ぜるだけでなく「ビールグラスにショットグラスを入れる」ことです。

イエガーボムの作り方

では見ていきましょう!

  1. ショットグラスにイエガーを入れる
  2. ビールグラスにレッドブルを8分目まで入れる
  3. ショットグラスをビールグラスに入れる

ただ混ぜるではなく、「ビールグラスに」「ショットグラス」を入れるのです!

イエガーボムの飲み方

ショットグラスが入ったビールグラスをそのまま飲めば大丈夫です!飲んでいくうちにグラスが傾き徐々にビールとイエガーが混ざっていきます。

徐々に混ざるので初めはレッドブルの味を楽しみながら後半はイエガーとレッドブルが混ざり合った味を楽しむのが他のカクテルとの違いでもありますね!

イエガーマイスター 35度 700ml

イエガーマイスターの画像
  • 度数:35%
  • 生産国:ドイツ
スポンサーリンク

イエガーボムの危険性

カクテルの画像

さて、そんなイエガーボムですが飲み過ぎるとかなり危険です。。海外ではイエガーボムを飲みまくった女性が心臓発作になり九死に一生を得たという事故が起きています。
 
 
何が原因かというと「レッドブル」が原因です。レッドブルは高カフェインなので、過剰なカフェイン摂取で心臓発作がおきたと考えられます。そんなカクテル10杯も飲んだら倒れるのは目に見えて分かりますね・・
 
 
なので、過剰飲酒は絶対厳禁です!

スポンサーリンク

イエガーボムを安全に飲む3つのポイント

カクテルを飲む女性の画像

1.チェイサーを飲みながら飲む

チェイサー(水)を飲みながらイエガーボムを飲むことで、酔いのスピードが緩やかになります。

チェイサーは大事なので必ず頼むようにしましょう!ちなみにチェイサーについては、以下の記事で詳しく説明しています。

>>チェイサーとは水?意味由来って?元バーテンダーが教えます!

2.ストローは使わない

もしお店で頼んだ「イエガーボム」にストローがついていても、なるべくストローを使用するのはやめましょう!

というのも、ストローでお酒を飲むとスピードが早くごくごく飲んでしまうからです。コントロールできるのであれば問題ありませんが、ストローでお酒を飲む自体あまりおすすめはしないです。

3.2杯以上は飲まない

通常のレッドブルも1日で1-2本ほどがいいので、過剰に摂取しすぎない方がいいと思います。

スポンサーリンク

イエガーボムに似たお酒

さて、エナジー系カクテルがお好きな方は以下のカクテルもいかがでしょうか?

1.レッドブルウォッカ

レッドブルウォッカの画像

こちらのカクテルも、よくクラブやパブに置いてありますね。レッドブルとウォッカを混ぜたカクテルです!以下の記事でも紹介しているので興味がある方は見てみてください!

>>レッドブルウォッカの作り方!安全に飲む3つのポイント!

2.レッドベアエナジー

レッドベアエナジーは、「レッドベア」というエナジードリンクにレッドブルを混ぜたゴリゴリのエナジー系カクテルです。

レッドベアには、栄養ドリンクに入っている「アルギニン」という成分が入っています。飲む際は最善の注意を!

作り方

 

  • レッドベアエナジー:30ml
  • レッドブル:適量

グラスにレモンを絞り、氷を入れてレッドベア・レッドブルを注ぐ。



レッドベア・エナジー

レッドベアエナジーの画像
  • 度数:16%
  • 生産国:ドイツ

 
その他のカクテルは、以下を参考にしてください!

◆アルコールが強いカクテル
アルコール度数強いカクテル厳選10つ!元バーテンダーが紹介します

◆薬酒カクテル
アルコール度数高!薬酒カクテル特集!!!元バーテンダーが教えるから間違いなし!!

◆王道カクテル
デートでこれ飲めばモテる!王道カクテル10つをご紹介!

スポンサーリンク

イエガーボムは安全に!

盛り上がるカクテルの反面して、かなり危険なカクテルなので決して飲みすぎたりしないよう最善の注意を払った上で飲むようにしてください・・!

タイトルとURLをコピーしました