ウイスキー飲み方!初心者〜上級者まで種類・用語を徹底解説!

ウィスキーと女性とビリヤードの画像Whiskey
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする
猫
ウイスキーの飲み方ってどれくらいあるのかな・・?
ソーダ割りだけじゃ飽きたから他の飲み方を知りたいな・・

 

こんにちは、元バーテンダーのひょーがです。

 

皆さんウイスキーはどのように飲んでいますか??ソーダ割り?水割り?実はウイスキーの飲み方は色々あるのです。

 

自分に合った正しい飲み方もあるので今回はウイスキー初心者から上級者に向けてウイスキーのオススメの飲み方をご紹介していきます!

 

様々な飲み方の種類がありますが、理解できればよりお酒を愉しむことができます!大きく分けて6つ、上から初心者向けで、下に行くに連れて上級者向きになっていきます!

スポンサーリンク

ウイスキーの飲み方1:ロックで飲む

ロックグラスの画像

ロックとは「氷」の意味でグラスに氷を入れてそこにウイスキーを注ぎ味を愉しむ飲み方です。

 

よくドラマとかで、氷を指でくるくる回して混ぜるシーン見ますよね?あれは、氷を溶かしてウイスキーを少しづつ柔らかくしているのです。

 

ウイスキー初心者の方はぜひロックから入るのをおすすめします。ゆっくりと時間をかけて飲むのがいいです!^^

材料

  • お好きなウイスキー:30ml
  • ロックグラス
  • 市販の氷

作り方

  • グラスに氷を入れ、お好きなウイスキーを注ぐ

 

ここで、ポイントなのですが、丸氷があれば丸氷を使用しましょう!
丸氷だと角がなく通常の氷より溶けにくいからです!氷は角があるほど水に溶けやすいのです。

 

スポンサーリンク

飲み方2:ソーダ割りで飲む

ウイスキーソーダの画像

ウイスキーをソーダで割った飲み方です。

 

ロックでは少しアルコールがきつい、さっぱりウイスキーを飲みたいという方におすすめの飲み方です。

 

ちなみに、海外ではソーダで割るのはあまり無くストレートやロックが主流です。

 

また、「ハイボール」というのも伝わらないので海外に行った際はご注意を!

 

材料

  • お好きなウイスキー
  • ソーダ
  • タンブラー
  • 市販の氷

作り方

  1. タンブラーに氷を入れてウイスキーを入れる。そのあとゆっくりソーダを注ぐ

 

詳しくは以下の記事でかなり詳細に記載してあるので、ご覧ください。

>>ハイボールの美味しい作り方!自宅でプロ並に作るコツを元バーテンダーがご紹介!

 

スポンサーリンク

飲み方3:ウイスキー水割りで飲む

ウイスキー水割りの画像

ウイスキーを水で割る飲み方です。

 

ロックがきついという方や、味わいながらゆっくりウイスキーを飲みたいという人におすすめです。

 

水割りを作る時に重要なのは「水」

 

詳しくは以下の記事で解説しています。
>>ウイスキー水割りの美味しい作り方。自宅で簡単にプロの味を再現!

 

材料

  • お好きなウイスキー
  • タンブラー
  • 市販の氷

作り方

  1. タンブラーに氷を入れてウイスキーを入れる。そのあとゆっくり水を注ぐ

 

スポンサーリンク

飲み方4:ウイスキーフロートで飲む

ウイスキーフロートの画像
ウイスキーフロートとはベートーヴェンの交響曲みたいな起承転結のある飲み方です。
まずグラスに氷を入れて水を7分目まで注ぎます。

 

その後、ウイスキーをゆっくり注ぎウイスキーの層を作ります。

 

そうすることにより、

  1. 1口目はウイスキー本来の味「ストレート」を愉しむことができ
  2. 2口目でウイスキーと水の「ハーフロック」で香りの変化を感じ
  3. 3口目で氷・水・ウイスキーの自然な「水割り」のハーモニーを聞き
  4. 最後は、水で酔いを覚ます

 

といった1つのウイスキーで4回も様々な味を感じることができるお洒落な飲み方です。

 

グラスを口に注ぎ、戻すという動作で徐々にウイスキーと水が融合していき、交響曲が奏でられます。

 

ロックやストレートに飽きたらおすすめです!

 

材料

  • お好きなウイスキー
  • タンブラー
  • 市販の氷

作り方

  1. タンブラーに氷を入れお水を7割まで入れます。
  2. バースプーンを使用し、ウイスキーをゆっくりと注ぎます

 

氷を組む時は、一番上の氷は平たい氷を選びましょう!そうすることで上手にウイスキーを注ぐことができ、綺麗な層が出来やすくなります。

 

スポンサーリンク

飲み方5:ストレートで飲む

ストレートグラスの画像

ストレートはそのままウイスキーをチューリップグラスに注ぎ、ストレートで愉しむ飲み方です。

 

上級者向けで、「温度」「時間」でウイスキーの味の変化を感じたり、ウイスキー特有の樽本来の香りをそのまま感じたりと・・ウイスキーが好きなら奥が深い飲み方になります。

 

ただ、ストレートなためアルコール度数はかなり強いです。チェイサー(水)を飲みながら飲むのがおすすめです

材料

  • お好きなウイスキー
  • チューリップグラス

作り方

  1. チューリップグラスにウイスキーを注ぐ

 

スポンサーリンク

飲み方6:トゥワイスアップで飲む

トゥワイスアップの画像

トゥワイスアップとは氷なしのハーフロックで、ウイスキーと水半々で飲みます。

 

水の量は半々でもいいですが、ウイスキーは水を一滴加水することで、甘さが増し香りが広がります。

 

自分の好きなウイスキーをもっと知りたい、違う飲み方はないかと模索している人におすすめです。

 

※加水する水は必ず常温を使用してください。
というのも、水が冷たすぎるとウイスキーが冷たい水に負けて縮まってしまうからです。

材料

  • お好きなウイスキー
  • チューリップグラス

 
作り方

  1. チューリップグラスにウイスキーを注ぎ、お水を注ぐ

 

詳細は以下の記事に記載しています。
>>トワイスアップとは?ウイスキーの味が変わる不思議な飲み方!

 

スポンサーリンク

最後に

以上が私が紹介するウイスキーの飲み方でした。私がおすすめする飲み順は、

  1. ロック
  2. ソーダ割
  3. ストレート
  4. 水割り
  5. ウイスキーフロート
  6. トワイスアップ

という流れがいいかと思います。

あれ、ストレート始めの方から強くないかな?と思う方いると思いますが

 
ソーダ割・ウイスキーフロート・トゥワイスアップというのはとても奥が深いと私は思います。
 

ですので、まずはストレートを愉しめるようになってから、ウイスキーフロート・トゥワイスアップを試してみてください!

 

しかし、最終的にはその時々にあった、最良な飲み方をしていただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました