【レビュー】アードベッグ10年は美味しい?味や香り、おすすめの飲み方など詳しく解説!

この記事を書いた人
投稿者の画像
ひょーが

高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなど積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

こんにちは、元バーテンダーのひょーがです!


今回は、アードベッグ10年を実際飲んだ感想などご紹介していきます!

こんな人におすすめの記事
  • アードベッグ10年を詳しく知りたい
  • アードベッグ10年を買うか迷っている
  • どんな人にアードベッグ10年が合うか知りたい


参考までにぜひご覧ください♪

ひょーが

早速飲んでいきます!
その後、製品など詳しくご紹介していきます!

目次

【レビュー】アードベッグ10年の味や香り

アードベッグ10年ストレートの画像

アードベッグ10年の香り

ひょーが

芳醇とした樽の香り、強いピートの香りが印象的!

若干甘い香りも感じます!


ピート香もあり、甘い香りもあり、忙しいですがどんな味がするのか楽しみです!


では、飲んでいきましょう!

アードベッグ10年の味

ひょーが

ピートがかなり効いているが、若干甘みも感じる

ピートはかなり(他のアイラウイスキーよりも)効いています!


そして、甘みも感じるのが大きな特徴かと思います。


甘みは、初めというより飲み終わりの頃に感じるので、とても印象に残ります。


初め強いピートの味を感じ、その後甘みを感じるような味わいになっています。


アードベッグ10年の熟成樽にはファーストフィル・セカンドフィルに『バーボン樽』を使用していることから、バーボン樽からの甘さがアードベッグに移っているかと思います!


ファーストフィル・セカンドフィルの説明は後述していますのでぜひご覧ください!

アードベッグ10年はどんなウイスキー?

アードベッグは、ゲール語で『小さな丘』という意味があり、アイラ島の中で南にある蒸留所です。

ひょーが

1815年創業ということで、アイラ島の中では初期の頃ですね!


しかしながら、20世紀に入ると何度もオーナーが変わったりと不安定の中1980年から1989年まで完全に生産が停止していました・・!


その後1997年にグレンモーレンジ社が買収し、アードベッグは復活を果たしたとのことです。

アードベッグ10年に使用する樽

アードベッグ10年に使用する樽はファーストフィル・セカンドフィルに『バーボン樽』を使用しています。

◉ファーストフィルとは?
ファーストフィルとは、ウイスキーを初めて熟成するときに使用する樽のことです。
ファーストフィル樽が終わった後、使用する2番目の樽のことです。

バーボン樽やシェリー樽の使用済みの樽には、香味成分が含まれており、それがウイスキーの風味などを変えていく役割があります!

ひょーが

バーボン樽は、バニラや蜂蜜のような風味をウイスキーに付けるとも言われています!


飲むときに樽の味を意識していくと、色んなウイスキーを飲む上でのデーターが増えていくかと思います!

アードベッグ10年はこんな人におすすめ!

アードベッグ10年はこんな人におすすめ
  1. ガツンとピートが強いウイスキーが飲みたい
  2. ピートが効いてるが甘めのウイスキーが好き
  3. アルコール強いウイスキーが飲みたい
ひょーが

アードベッグはやはり強いピートと甘さ、アルコール度数が大きな特徴かと思います!



とはいえ、同じアイラウイスキー のボウモアよりかは甘みは少ないですが、これだけピートが強くて甘みがあるウイスキー は他にあまりないかと思います!


興味がある方はぜひお試しください!

アードベッグのチャート表
アードベッグのチャート表の画像
アードベッグのチャート表
項目内容
品名アードベッグ10年
地域スコットランド アイラ島
度数46%
内容量700ml
価格¥5,000〜¥5,500
主な樽バーボン樽
香り芳醇とした樽の香り
ピートが強く甘みも感じる味わい
まとめ表

アードベッグ 10年

アードベッグの画像

アードベッグ10年のおすすめの飲み方!

ストレート

アードベッグ10年ストレートの画像
ひょーが

何度飲んでもストレートが良い!


それほど作りこまれているウイスキー かと実感します・・!


もしストレートで飲める方はぜひストレートで飲んでみてください!


アードベッグの力強さ、甘い余韻を十分に楽しめる飲み方かと思います!

ロック

アードベッグ10年ロックの画像
ひょーが

アードベッグの味をストレートより感じられる味わい!

しっかりとアードベッグの味を感じれます!


とはいえ、ロックだとアルコール度数は高いのでチェイサーも用意しながら飲むのがおすすめです!

水割り

アードベッグ10年水割りの画像
ひょーが

水割りとはいえ、水に負けてなくしっかり美味しい!

甘みも増してだいぶ飲みやすくなっているかと思います!


ストレートやロックではちょっと飲みづらいと感じた人は、ぜひ水割りを試してみてください!


ちょっと甘い味わいになるのが面白いところですね。

ソーダ割り

アードベッグ10年ソーダ割りの画像
ひょーが

ソーダ割りとはいえ、スモーキーな風味を十分に楽しめる・・!


ウイスキーの燻製はまさにこれだ!という風な味わいがすごく特徴的です!


色合いは薄いですが、しっかりとした味があるので、おつまみがなくてもアードベッグのソーダ割りだけで十分楽しめるかと思います。

アードベッグ10年はピートが強く甘いウイスキー

いかがでしたでしょうか?


アードベッグ10年はピートが強いが甘みもしっかりと感じられる少し不思議なウイスキー でした。


ぜひこの機会にお試しください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる