迎え酒って二日酔いに効く?何を飲めばいいの?

道路でお酒を飲む人の画像Tips
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

お酒が好きなみなさまそして二日酔いのみなさま、こんにちは、ひょーがです。

二日酔いでゲロゲロの時、お酒を飲めば治ると!聞いたことがあるかもしれません。

今回は、迎え酒ってそもそも本当に効くのか、迎え酒って何を飲めばいいのかという疑問に答えて行きます。

スポンサーリンク

迎え酒って二日酔いに効く?

二日酔いの人の画像

結論、二日酔いには効きません!!!!

詳しくは、二日酔いに効くというより、脳の神経をお酒で鈍化させ二日酔いの頭痛や気持ち悪さを鈍らせているだけなのです。
要するに、二日酔いが治ったと感じるのは神経が鈍っているからなのです。

さらに、迎え酒をしてもまたその分の二日酔いがくるので、悪循環でしかないですね・・・
よく覚せい剤は幸せの前借りと言いますが、それに近しい感じです。。

では、お酒を飲むと酔う仕組みって何でしょうか?

スポンサーリンク

お酒に酔う仕組み

ベッドの画像

お酒を飲むと、アルコールが肝臓に行きます。

肝臓にたどり着いたアルコールは「アセドアルデヒド」という物質に変化し、肝臓は、アセドアルデヒドを二酸化炭素と水に分解しようと頑張ります。

肝臓は分解を頑張るのですが、分解仕切れなかったアセドアルデヒドは全身をつたい脳に行きます。

アルコールがアセトアルデヒドに変化する

そして脳に到達すると脳が麻痺して ”酔った状態” を作り出します!

二日酔いは、そのアセドアルデヒドがまだ体内に残った状態なのです。

寝ている時も肝臓の精が頑張ってアルコールを分解している時に、追いアルコールがきたらちょっと可哀想ですよね・・

そう、迎え酒は体にも全く優しくないのです!

そして、一番最悪なパターンが迎え酒をしてアルコール依存症になってしまうことです。

アルコール依存症の怖さは以下に書いてあるので、読むことをオススメします・・!

スポンサーリンク

迎え酒はではなく、これを飲みましょう

水の画像

二日酔いには、ポカリを飲むのが一番です!
体が脱水症状になっているので、水分補給が大切です。

そして、一番いいのが経口補水液
夏の脱水症状の補給や、ノロウイルスなどになった時のお供です。

脱水症状を治すには手取り早いでしょう。

また、アセドアルデヒドを分解してくれるオルニチンを含んだ食べ物も食べるといいです。

オルニチンが入っている食材は

  • しじみ
  • しめじ
  • ブナシメジ

と、しじみ・きのこ類はオルニチンという成分がたくさん入っているので、おすすめです。

二日酔いの対処法は、以下の記事に詳しく書いているので、読んでみてください!

そして、迎え酒は有名な映画にも出ています。

スポンサーリンク

迎え酒は有名な映画にも出ている?!

Cocktail – Trailer

カクテルというトムクルーズ主演の映画の中で、こんなシーンがありました。

バーテンダーの師匠であるダグラスが
ビールを注ぎ、トマトジュースを注ぎ、スパイスや生卵を入れたカクテル(レッドアイ)を作る。
そして「これがバーテンダーの朝食だ」と言います。

これは、、、、とってもカッコいいです
ただ、健康面はちょっと不安ですね。。

バーテンダーは短命と言われていますが、お酒商売は体を壊しやすいので、サプリを飲んだりなるべく迎え酒をしないなど工夫をしなければいけませんね。。

スポンサーリンク

終わりに

今回は迎え酒は効くのかをテーマに解説して行きました。

結論、迎え酒は効果ありません!

  • 迎え酒は二日酔いに効果なし
  • 二日酔いを解消するというより、二日酔いをごまかしている
  • 迎え酒を繰り返すとアルコール依存症になりやすい
  • 二日酔いになったら水分補給
  • 二日酔いになったらオルニチンを含む食材を食べる

体を壊すのを進めるだけなので、迎え酒ではなくポカリやしじみ汁をオススメします!

最後まで閲覧ありがとうございましたmm

タイトルとURLをコピーしました