ネグローニとは?味や美味しく作る3つのコツをご紹介!

ネグローニの画像1Cocktails
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

こんにちは。元バーテンダーのひょーがです。ネグローニというカクテルご存知でしょうか?今回は、カクテル「ネグローニ」の味や美味く作る3つのコツを紹介していきます!

カクテル名:ネグローニ

カクテルのスタイルロックスタイル
ベースジン
テイスト苦味が効いているが、甘さも感じられる
アルコール度数30%〜35%
スポンサーリンク

ネグローニの作り方

ネグローニの画像2

ネグローニの材料

◆材料

  1. ジン:30ml
  2. カンパリ:30ml
  3. スイートベルモット:30ml

ネグローニの作り方・レシピ

作り方は単純です!

◆手順

  1. ロックグラスに氷を入れる
  2. ジン・カンパリ・スイートベルモットをグラスに注ぐ
  3. バースプーンでビルドする
  4. オレンジスライスを添える

ロックグラスに氷を入れて、ジン・カンパリ・スイートベルモットをメジャーカップで分量を計りグラスに入れビルドして完成です。

※メジャーカップとは、材料の容量を計るバーツール。

スポンサーリンク

ネグローニに使用するお酒をご紹介

お酒の画像

材料1:ジン

ジンとはスピリッツの一種です。ネグローニに使用するジンは、カクテルのベースによく使われるビフィーターやタンカレーもしくはゴードンを使用するといいでしょう。もっと凝りたい方は「ジン・アグリコロ」というクラフトジンを使用してもいいと思います。

イタリア発祥のカクテルなので、ベースのジンもイタリア産にするとまとまりがあるネグローニを作れることが出来ます。

材料2:カンパリ

カンパリとは、イタリア産の苦味系リキュールです。よくレストランでも見かけるポピュラーなリキュールです。カンパリを使ったカクテルも多くオレンジと相性がいいリキュールです。

材料3:スイートベルモット

スイートベルモットとは、フレーバードワインです。白ワインをベースにしニガヨモギなどハーブを漬け込んだお酒です。スイートベルモットはイタリア発祥と言われており、糖・カラメルを加えて赤く甘いのが特徴。

スポンサーリンク

ネグローニの味や度数って?

ロックカクテルの画像

ネグローニの味

ネグローニの味はほろ苦く甘いです。アルコールをしっかり感じつつも、スイートベルモットの甘さ・カンパリの苦さが絶妙にマッチし口の中に香りが広がります。お口直しの食後にも最適なカクテルです。

ネグローニの度数

ネグローニの度数は約30%〜35%ほど。お酒しか入っていないカクテルなのでアルコール度数は高めです。ロックでゆっくり飲むのに適しています。氷が溶けてくるので一気にではなく味を楽しみながら飲んでみてください!

スポンサーリンク

ネグローニを美味しく作る3つのコツ

シェーカーの画像

ここからは、ネグローニを美味しく作るコツをご紹介します。

1.お酒を入れる順番にこだわる

ネグローニは3つのお酒をバースプーンで混ぜなければいけません。比重が重いスイートベルモットを先に入れたら、混ざりにくいので比重が重いお酒は後から入れることが美味しいネグローニを作るコツです。

お酒を入れるおすすめの順番

  1. ジン
  2. カンパリ
  3. スイートベルット

2.ロックグラスは冷やしておく

グラスが常温だと水っぽくなるスピードが早まります。作る直前に3分ほど冷凍庫で冷やして置くと水っぽくなるスピードが遅くなり、最後まで美味しくネグローニを飲むことが出来ます。

3.アンゴスチュラビターズを垂らす

苦味系のお酒が好きな人は、アクセントとしてアンゴスチュラビターズを垂らすのをおすすめします。アンゴスチュラビターズとは、苦味系のビターズでカクテルのアクセントとして良く使われます。風邪予防にも最適なのです。

アンゴスチュラビターズの画像

スポンサーリンク

ネグローニの由来

イタリアのカフェの画像
ネグローニは、イタリア・フィレンツェにある「カフェ・カソーニ」というカフェで作られており、カフェの常連客であるカミーロ・ネグローニ伯爵はよく「アメリカーノ」というカクテルを食前に飲んでいました。

しかし、ある日カミーロネグローニさんはアメリカーノに飽きてしまい、もう少しアルコール度数を高くしてと頼んだところ当時のバーテンダーが炭酸をジンに変えたのがネグローニの始まりです。

その後、ネグローニ伯爵にカクテル名に名前を付けてもいい許可をいただき、ネグローニがメニューになりました。当時のメニューは3つの材料をシェークして作っていたそうです。

最近ではステアという技法を使用して作ってくれるバーもあります。いろんなバリエーションの作り方があることもネグローニの魅力ですね!カクテルを作る技法で味の変化もあるので、お好きな作り方を試してみてください!

スポンサーリンク

ネグローニに似たカクテル

ネグローニがお好きな方は以下のカクテルもおすすめします。

アメリカーノ

材料

  • カンパリ:30ml
  • スイート・ベルモット:30ml
  • ソーダ;適量

作り方/レシピ

  1. グラスに氷を入れ、カンパリとスイートベルモットを注ぐ
  2. 軽くビルドする
  3. ソーダを満たして完成

シェカラート

材料

  • カンパリ:60ml

作り方/レシピ

  1. シェーカーにカンパリを入れてシェークする
  2. カクテルグラスに注ぎ完成

(な、なんと簡単・・・)

オールドパル

材料

  • ライウイスキー:20ml
  • カンパリ:20ml
  • ドライ・ベルモット:20ml

作り方/レシピ

  1. ミキシンググラスに材料を入れてステアする
  2. カクテルグラスに注ぎ完成
スポンサーリンク

おわりに

ネグローニの味や美味しく作るコツを解説していきました。ネグローニはキリッとした苦味の中にジンのアルコールやスイートベルモットの甘さが引き立つカクテルです。私も好きなカクテルでこれから先もいっぱい飲まれるカクテルになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました