モヒートとはどんなカクテル?本場のレシピ・作り方を紹介!

モヒートの画像Cocktails
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

モヒートというカクテルご存知ですか?

暑い夏の日、カフェテラスでモヒートを飲みながらお買い物の休息。
いいですねー。

私、モヒート大好き。

今回は、モヒートの本場のレシピ・作り方など、モヒートについて、解説していきます。

カクテル名:モヒート

カクテルのスタイルロングスタイル
テイストミントがさっぱり感を出し、スッキリとした味わい
アルコール度数10%〜20%
スポンサーリンク

モヒートとはどんなカクテル?

ミントの画像
モヒートは、端的に言うと、ミントを使用したラムのロングカクテルです。

材料

  • ゴールドラム:45ml
  • ライムジュース:10ml
  • 砂糖:適量
  • ソーダ:適量
  • ミント

ミントは、スーパーに売ってます!
また、自家栽培もいいのですが、結構繁栄力が高いので注意!

作り方

  1. タンブラーの上からライムを絞り、皮もグラスに入れる
  2. ミントの葉・砂糖・ソーダを加え、ミントを潰しながら砂糖を溶かす
  3. クラッシュアイスを入れ、ステアする

上記レシピは、一部でありお店によって、作り方などが違ってきます!
いろんなお店で飲み比べてもいいかと!

ご自身で作る場合は、砂糖やソーダなどはお好きな塩梅でいいと思います!

さて、そんなモヒートですが歴史も様々あります!

スポンサーリンク

モヒートの由来と歴史

モヒートの画像

モヒートの歴史

モヒートは、はじめからモヒートではなく、「ドラケ」と言うカクテルからきています。
ドラケというカクテルは、以下の材料で作られます。

  • アグアルディエンテ
  • 砂糖
  • ミント
  • ライム

海賊が1586年にキューバに伝えたとされています。
はじめは、医療目的で消費されていました。

その後、ドン・ファクンド・バカルディさんがバカルディ・ラムを開発し、キューバで流行。
そのタイミングでアグアルディエンテがバカルディラムに代わり、モヒートが誕生しました。

ただ、バカルディ社はキューバ革命と共にキューバから撤退したため、現在はハバナクラブが主に使用されるようになりました!

モヒートの由来

由来は諸説あります!

  1. スペイン語のmojar:モハール(濡らす)と言う意味から
  2. カリブ海諸国に伝わったソースmoho:モホから
  3. ブードゥー教のmajo:マジョ(魔力)と言う意味から

一番多く言われているのは、majar(濡らす)と言う意味からと言われています!
由来は諸説あったほうが、なんか面白いですね♪

スポンサーリンク

モヒートとヘミングウェイ

ラボデキーラデルメディオの画像
世界的にファンが多いモヒートは、「老人と海」で有名なアーネスト・ヘミングウェイも大好きなカクテルでした。

キューバに家を持っていたヘミングウェイは、よく「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」というレストラン・バーに通い、こんな言葉を残しています

我がモヒートはボデギータにて、我がダイキリはフロリディータにて

ヘミングウェイは、ボデギータで何を思いながらモヒートを飲んでいたのでしょうか
もしかしたら、小説を思いながら飲んでいたかもしれないですね!

毎年、モヒートを求め世界各国からキューバに通う理由がわかりますね♪

モヒート好きな方には、ぜひ本場のキューバの味を飲んでもらいたいです!

だけど、行くのが大変!>< と言う方に本場に近いモヒートのレシピをご紹介します!

スポンサーリンク

モヒートのアレンジレシピ

モヒートの画像
通常のレシピより、材料が若干違います

材料

  • ハバナクラブ・ゴールドラム:45ml
  • ハバナクラブ・ダークラム:15ml
  • ライムジュース:10ml
  • 砂糖:適量
  • ソーダ:適量
  • ミント

作り方

  1. タンブラーの上からライムを絞り、皮もグラスに入れる
  2. ミントの葉・砂糖・ソーダを加え、ミントを潰しながら砂糖を溶かす
  3. クラッシュアイスを入れ、ステアする
  4. 最後に、ダークラムを上からフロートする

ラムは本場のハバナクラブを使用し、最後ダークラムをフロートすることでラムの美味しさが引き立ち、度数も若干上がるもののごくごくと飲めるカクテルとなります!
どうぞ試してみてください!

スポンサーリンク

終わりに

今回は、モヒートをご紹介させていただきました。
あの文豪、ヘミングウェイも愛したモヒートは、今後も消えることはないでしょう。

暑い夏の日や、喉を潤したい時におすすめのカクテルです!

最後まで閲覧、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました