マンハッタンってカクテル知ってる?作り方・由来を元バーテンダーが解説!

マンハッタンの画像Cocktails
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする

マンハッタンというカクテルご存知ですか?
本日は、カクテルの女王と言われる、名高いカクテル、マンハッタンについて解説していきます!

カクテル名:マンハッタン

カクテルのスタイルショートスタイル
ベースアメリカンウイスキー
テイストキリッとしたアルコールの中に優しい甘さを感じるアルコール度数高めなカクテル
アルコール度数25%〜30%
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンハッタンの作り方

バーボンウイスキーの画像

マンハッタンの材料

材料は以下の通り

◆材料

  1. ライウイスキー・もしくはバーボンウイスキー:45ml
  2. スイートベルモット:15ml
  3. アンゴスチュラビターズ:1dsash


材料1:ライウイスキー

ライウイスキーとは、ライ麦を原料としたウイスキーです。
ほろ苦く、スパイシーを感じるのが特徴的。

オールド・オーバー・ホルトをベースとしているバーが多いです。

バーボンやカナディアンウイスキーで代用して大丈夫です!
スコッチウイスキーを使用すると、「ロブロイ」といった少し違ったカクテルになるので、注意!

材料2:スイートベルモット

スイートベルモットとは、白ワインをベースにニガヨモギなどのスパイスを加えたフレーバードワインです。

詳しくは、以下の記事に書いてあるので、興味ある方はみてください!

銘柄により、味や完成も違ってきますが、初めはオーソドックスな、「チンザノ」を使用するといいでしょう!


材料3:アンゴスチュラビターズ

アンゴスチュラビターズとは、苦味のあるビターズでカクテルを作るときの隠し味として使われます。
一滴や二滴垂らしただけでも、風味が変わる魔法のビターズ。

作り方・手順

◆手順

  1. ミキシンググラスに氷を入れる
  2. ビターズ・ウイスキー・スイートベルモットを入れる
  3. バースプーンでステアする
  4. カクテルグラスに注ぐ
  5. チェリーを添える
  6. レモンピールを絞る

※ビターズを先に入れると氷にビターズが溶け、より混ざりやすくなります

スポンサーリンク

マンハッタンの由来

マンハッタンの街の画像

マンハッタンの由来は、ニューヨークの「マンハッタン・クラブ」。

1867年、アメリカ大統領候補者のパーティで、ウイスキーとスイートベルモットをステアしたカクテルが提供されたとこからマンハッタンと名前がつけられたと言われています。

英国首相チャーチルの母親がマンハッタンの発明に関与していると言われています。

そういえば、「チャーチル」というカクテルがあるの、ご存知ですか?

レシピは以下の通り。

◆材料

  • スコッチウイスキー:30ml
  • スイートベルモット:10ml
  • ホワイトキュラソー:10ml
  • レモンジュース:10ml

シェークし、カクテルグラスに注ぐ。

どことなく、材料がマンハッタンににていますね!

チャーチルは、大のマティーニ好きとして有名です。
マティーニは、カクテルの王様とも呼ばれています!

うーん、華麗なる一族という感じが。。。

ちなみに、このカクテルはマリリンモンロー主演の「お熱いのがお好き」という映画のワンシーンに出て、一躍有名になりました。

「お熱いのがお好き」の舞台は、禁酒時代のシカゴ。
当時の様子が伺える映画かもしれません!

禁酒法については、以下の記事に書いているので、気になる方はみてください!

スポンサーリンク

マンハッタンのバリエーション

ロブロイの画像

そんなマンハッタンですが、バリエーションがいくつかあります!

マンハッタン(No.1)

マラスキーノ・ドライベルモットが入ったバージョン。
ステアでなくシェークで仕上げることで、材料がより混ざり合い、美しいハーモニーを奏でる。

◆材料

  • ライウイスキー:30ml
  • ドライベルモット:20ml
  • スイートベルモット:20ml
  • アンゴスチュラビターズ:3dash
  • マラスキーノ:2dash

シェークし、クラレット・グラスに注ぐ。レモンスライスを入れ、角氷を2つ入れる。

マンハッタン(No.2)

基本的な材料は変わらないですが、使用する銘柄が指定されます。
カナダで作られる、「カナディアンウイスキー」とイタリアの赤ワイン、「バローロ」のスイートベルモット。

◆材料

  • カナディアン・ウイスキー:45ml
  • バローロ・スイートベルモット:15
    dash
  • アンゴスチュラビターズ:1dash

シェークし、カクテルグラスに注ぐ。チェリーを添える。

マンハッタン(ドライ)

ドライベルモットを入れたバージョン。通常のマンハッタンより辛口。

◆材料

  • ライウイスキ・もしくはカナディアンウイスキー:30ml
  • ドライベルモット:15ml
  • スイートベルモット:15ml

ステアし、カクテルグラスに注ぐ。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、カクテルの女王のマンハッタンをご紹介させていただきました!
深く暖かみを感じる繊細なカクテルなので、試してみてはいかがでしょうか?

カクテルの王様については、以下の記事に書いています!

タイトルとURLをコピーしました