ジンアンドイットを美味しく作る3つのコツ!自宅でプロの味を再現!

Cocktails
ひょーが

お酒に関する記事を執筆しています。高校卒業後バーテンダーの世界に入りカクテルコンペティションなどに積極的に活動→その後マーケティングなどを学び海外の広告代理店にて働く

ひょーがをフォローする
本記事の内容

  • ジンアンドイットとは?
  • ジンアンドイットを美味しく作るコツ
  • ジンとベルモットを使用したカクテル一覧

 
こんにちは、元バーテンダーのひょーがです。
 
ジンアンドイットというカクテルは初心者でも作れ、材料さえあれば簡単に作れるカクテルです。
 
今回は、私が実際にバーでジンアンドイットを作っていた時、意識していた3つのことをご紹介します。
 
ポイントを抑えておうちで、プロの味を再現してみてください!
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジンアンドイットとは?

カクテルの画像

ジンアンドイットとは、ジンとスイートベルモットをカクテルグラスに注ぐだけのカクテルです。
 
注ぐだけのカクテルですが、お酒好きには堪らない芳醇な香りと口に含んだ時に広がる甘さが癖になります。

 

また、マティーニの原型とも言われています。

 
さて、そんなジンとスイートベルモットってどんなお酒でしたっけ?
ちょっと復習しておきましょう。

 

ジンとは?

ジンとは、一言で言えば「ジュニパーベリーで香り付けした蒸留酒。」です。
ジンの最大の特徴は、ジュニパーベリーを使用すること。
 
さらに詳しくみたい方は、以下のリンクをご覧ください。
>>【価格別】ジンのおすすめ銘柄19選!種類や飲み方も8分で分かるように解説!

 

スイートベルモットとは?

スイートベルモットとは、甘口のフレーバードワイン。忘れがちですが、ワインの一種なのです。
 
イタリアで製造されたのが始まりなため、「イタリアン・ベルモット」とも呼ばれます。
 
そして、ジンアンドイットの「イット」は、イタリアンベルモットの略であるとも言われています。
 
さらに詳しくみたい方は、以下のリンクをご覧ください。
>>おすすめのベルモット18選!カクテルや飲み方も元バーテンダーがご紹介します!

 

ジンアンドイットの始まり

19世紀半ば、イタリアのベルモットメーカーである「マルティニ・エ・ロッシ」社が、このカクテルに自社のベルモットを使うように宣言し、「マルティニ・カクテル」と名付けられました。
 
まだ製氷機がない時代だったため、ジンもベルモットもステアして冷やさないのが本来のスタイルです。

 
ですので、イタリア産のスイートベルモットを使用するのが正しいジンアンドイットになりますね!

 
ではジンアンドイットの作り方をみていきましょう。
 

スポンサーリンク

ジンアンドイットを美味しく作る3つのコツ

バーテンダーの画像

まず、ジンアンドイットのレシピは以下の通り。
 

材料

  • ジン:1/2
  • スイートベルモット:1/2
  • カクテルグラス

 
作り方/レシピ

  1. カクテルグラスに、ジン・ベルモットを注ぐ

 
シンプルでとっても簡単にできそうですね!
 
ここからさらにポイントを抑えていきましょう。美味しく作るコツは以下の通りです。
 

ジンアンドイットを美味しく作る3つのコツ

  1. カクテルグラスは冷やす
  2. ドライジンから注ぐ
  3. お酒は冷やしておく

 

1.カクテルグラスは冷やす

カクテルグラスは、冷やしておきましょう。
 
その際にご家庭用の冷蔵庫だとグラスが中に入らなかったり、食品の匂いが移る恐れがあるので、製氷機などの氷をカクテルグラスに入れてビルド(回す)してグラスを冷やしましょう。
 
カクテルグラスに霜がかかってきたらOKです。
 

2.ドライジンから注ぐ

お酒を注ぐ順番はとても大切です。
 
スイートベルモットの方が比重が重いので、後から入れることで自然と攪拌されます。
 
また、香りも立つのでより美味しく味わえるでしょう。
 

3.お酒は冷やしておく

カクテル作りに大切なのは、冷えているかどうかが一つの基準になります。
 
そのため、従来ではステアやシェークと言った技法で冷やしていくのですが、このカクテルは注ぐだけです。
 
なので、カクテルを作る前には冷凍庫で十分に冷やしてからご使用ください。

 
 
以上がジンアンドイットの作り方です。ここからさらにジンアンドイットに似たカクテルをご紹介いたします。
 
ジンアンドイットがお好きな方なら合うはず!
 

スポンサーリンク

ジンアンドイットに似たカクテル

ショートカクテルの画像

1.ジンアンドフレンチ

ジンアンドフレンチは、ジンアンドイットのスイートベルモットをドライベルモットに変えたカクテルです。よりドライな味わいがお好きな方におすすめのカクテル。

材料

  • ジン:1/2
  • ドライベルモット:1/2

 
作り方/レシピ

  1. カクテルグラスに、ジン・ベルモットを注ぐ

 

2.ジンビターズ

ジンビターズは、19世紀のイキリス海軍の間でよく飲まれていたカクテルです。そのためイギリス海軍の基地があるプリマスで作られたプリマスジンを使用するのが基本です。辛口でさっぱりとした味わいのカクテル。

材料

  • プリマス:1グラス
  • アンゴスチュラビターズ:2-3dash

 
作り方/レシピ

  1. カクテルグラスにビターズをリンスさせる
  2. プリマスを注ぐ

※リンスとは、グラスを回しながら液体ををグラス全体に付けるということです。

 

3.ジンカクテル

ジンとオレンジビターズをステアして飲むカクテルです。かなり辛口でジン好きには堪らないカクテルではないでしょうか?
 

材料

  • ジン:30ml
  • オレンジビターズ:2dash

 
作り方/レシピ

  1. ステアし、カクテルグラスに注ぐ

4.ギブソン

ギブソンは、ジンとドライベルモットを使用したカクテル。パールオニオンを添えるのがポイントです。マティーニと似ているが風味が若干違う味わいです。

材料

  • ジン:5/6
  • ドライベルモット:1/6
  • パールオニオン

 
作り方/レシピ

  1. ステアし、カクテルグラスに注ぐ

5.マティーニ

カクテルの王様、マティーニです。辛口の代表的なカクテル。アレンジも様々あり、今回はスタンダードのマティーニをご紹介します。

材料

  • ジン:4/5
  • ドライベルモット:1/5
  • オレンジビターズ:2dash
  • オリーブ:1つ

 
作り方/レシピ

  1. ステアし、カクテルグラスに注ぐ
  2. レモンピールを吹きかける
  3. オリーブを添えて完成

マティーニについて、さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

終わりに

今回は、ジンアンドイットについてご紹介しました。一手間加えるだけで美味しくなるのでぜひ試してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました